【八尾市】ごみの分別に今一度意識を!ごみ収集車の火災事故が発生したそうです。

2018/12/12 08時00分

11月28日、ごみ収集車の火災事故が発生したそうです。
原因はスプレー缶が複雑ごみの中に紛れていたことによるものです。

火事

スプレー缶は可燃ごみの日に、可燃ごみとは別にして出すというルールがあります。
ルールを破ればとんでもない惨事につながる恐れもあります。

今回は早期発見だったため、幸い付近住民、収集作業員、ごみ収集車に被害はなかったようです。
ですがその後の収集にかなりの遅れが生じてしまったり、
火災現場となった土地の所有者にも迷惑が掛かったということです。

12月10日より、スプレー缶は穴をあけずに出すというルールに変更されました。
詳しくは過去記事をご覧ください

【八尾市】注目!12月10日(月)から簡易ガスボンベ・スプレー缶のごみの出し方が変わりますよ~!

スプレーごみイメージ

確かにごみの分別は面倒ではありますし、
スプレーごみはそんなにしょっちゅう大量に出るものでもなく、1つぐらい紛れ込ませてもいいか!
と思ってしまうかもしれません。
ですが一人のちょっとした手抜きによって、作業員さんの命に関わったり、土地や建物に大きな被害が発生する恐れがあります。
灯油、ライター、電池など、どうやって捨てればいいのかよくわからない…
という方は、八尾市のホームページに載っていますので、今一度ご確認くださいね。

これからの季節、みんなが集まって鍋を囲む、なんて機会も増えるかもしれません。
カセットコンロが活躍することも多いかもしれませんね。
くれぐれもスプレー缶は別にして出しましょう!

 

(カリヌーン)

ジモネタ八尾

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ