【八尾市】鉄道ファンならずとも思わず注目!近鉄大阪線を真っ赤な車両が走る!新形名阪特急「ひのとり」運行スタート!市内撮影ポイントは?

近鉄大阪線を走る特急に新しい車両が登場しました!
その名も『ひのとり』です。

  • 全車に空気清浄機を設置
  • 紫外線、赤外線をカットする大型窓を採用
  • 客室、デッキ、大型荷物置き場に防犯カメラを設置
  • 次の停車駅には乗り換え案内の時刻まで表示

と、かゆいところに手の届くサービスが行き渡っています。

 

近鉄が名阪特急で新型車両を投入するのは『しまかぜ』以来17年ぶりということで、3/14の運行開始時には多くの鉄道ファンが集まりました。

特急なので残念ながら八尾市内の駅には停車しないため、鶴橋駅か大和八木駅から乗車となります。
でも大阪線を走るということは、しまかぜ同様久宝寺口・近鉄八尾・河内山本・高安・恩智の各駅を通過するということ。
つまり線路沿いにいればその姿を見られるということです!
普段滅多に電車を利用しない人でもその雄姿を間近に見られるというわけですね。

おすすめ撮影・見物スポットはやっぱり高安車庫でしょうか?

意外な穴場は河内山本駅から少し西側、高架に上がる直前の踏切付近。

ひのとり

速度が落ちるので写真が撮りやすいし、目の前を通り抜けるので迫力満点ですよ~!
※踏切内に入ったり柵に上ったり身を乗り出したり、危険な行為は絶対におやめください!

その一方で、3/13で鮮魚列車がなくなり、スナックカーがなくなることもわかりました。
昔ながらの「普通の列車はえんじ色、特急は山吹色」のイメージがだんだんと失われていくのは少し寂しい気もします。

特急

画像はイメージです

 

(カリヌーン)

2020/03/16 08:00 2020/03/16 08:00
カリヌーン
ジモネタ八尾
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら